子宮頚がんワクチンを受けましょう

厚生労働省の専門部会は子宮頚がんの主因を予防するヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの「積極的な勧奨」の再開を決めました。

子宮頚がんは年間約1万人が罹患し、約2,800人が死亡しており、患者数・死亡者数とも近年漸増傾向にあります。特に、他の年齢層に比較して50歳未満の若い世代での罹患の増加が問題となっています。

子宮頚がんワクチンを受けましょう。

4価1回:22,000円 3回:58,300円
9価ガーダシル:1回36,300円
9価シルガード:1回38,500円
相談料:11,000円
※別途初診料3,300円、再診料1,650円

銀座院では中央区在住の小学校6年生から高校1年生相当の年齢までの女性(高校1年生の年度末まで)は無料で接種できます(要受診券)。
詳細は中央区ホームページにてご確認ください。
https://www.city.chuo.lg.jp/smph/kenko/hokenzyo/sessyu/sikyukeiganyobou.html