その他

低用量ピルが安いおすすめのオンライン診療クリニック5選|種類や値段も解説

低用量ピル オンライン

低用量ピルはオンライン診療で通院することなく手に入れることができます。

「病院で診てもらいたいけど忙しくて時間が取れない」「病院まで行くのが面倒」という方も多いのではないでしょうか。
この記事では、安くておすすめの低用量ピルのオンライン診療クリニック・サービスを5つご紹介します

ぜひ、低用量ピルのオンライン診療を選ぶ際の参考にしてください。

この記事でわかること
・低用量ピルの種類や特徴と効果
・低用量ピルでおすすめのオンライン診療クリニック
・低用量ピルのメリットと副作用

低用量ピルが安い!おすすめのオンライン診療クリニック比較表

低用量ピルが安いおすすめのオンライン診療クリニックを表にまとめました。
選ぶ際の参考にしてください。

クリニック/
サービス名
ケイ・レディースクリニック新宿クリニックフォアルサンククリニックスマルナイースト駅前クリニック女性外来
ロゴ
メニュー・トリキュラー、マーベロン
1シート(1ヶ月分):税込3,300円
・トリキュラー、ラベルフィーユ、アンジュ、
マーベロン、ファボワール
税込6,556円(2ヶ月分)
定期便の場合
税込2,783円/月
・ヤーズフレックス
税込24,200円(2ヶ月分)
・トリキュラー、マーベロン
単品購入1ヶ月分✖️3ヶ月:税込8,910円
定期便の場合 税込8,019円
1ヶ月あたり税込2,673円
・アンジュ
単品購入3ヶ月分:税込15,613円
・ファボワール
単品購入3ヶ月分:税込12,478円
・ヤーズ
単品購入3ヶ月分:税込31,977円
・ヤーズフレックス
単品購入3ヶ月分:税込34,485円
短期処方プラン
1ヶ月処方
:税込2,728円〜4,510円
3ヶ月処方
:税込10,670円〜13,970円定期便プラン
1年分処方(13シート)
1シート:税込2,530円-3,850円
・トリキュラー、マーベロン
税込3,000円
・ラベフィーユ、ファボワール
税込2,700円
診療時間11:00-12:30
14:30-18:30
日曜祝日は17:30まで
9:00-20:00
平日20:30まで
土日祝日も受付
365日24時間受付24時間受付水〜木
10:00-14:00
15:00-19:00
土日祝
10:00-18:00
キャンペーン他院/サービスからの乗り換えで初回診察無料
定期便15 %OFF
定期便10%OFF
支払い方法クレジットカード
コンビニ決済
クレジットカード
デビットカード
GMO後払い
代金引換
クレジットカード
口座振込
コンビニ決済
クレジットカード
コンビニ決済
クレジットカード
代金引換
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

低用量ピルが安い!おすすめのオンライン診療クリニック5選

ここでは、低用量ピルが安いおすすめのオンライン診療クリニックとサービスを5つ紹介します。

ケイ・レディースクリニック新宿:ピル処方15年目!低用量ピルの国内圧倒的処方数で安心診療のクリニック

ケイ・レディースクリニック新宿は開業15年目、国内では低用量ピルの処方数がダントツで、

口コミでの評価も非常に高く、実績と共に信頼のおけるクリニックです。

また取り扱う低用量ピルの種類にはとても気を遣っていて、患者ファーストの診察・処方をしてくれます。

オンライン診療のピル処方もコロナ流行前の2016年から導入しており、ピル処方におけるオンライン診療の第一人者的な立ち位置の実績あるクリニックで、ピル処方数日本一の院長先生と直接無料メール相談が出来ることも心強いです。

特に、トリキュラー・マーベロン(低用量ピル)の処方数は群を抜いており、副作用の心配がほとんどない安全な低用量ピルのみを取り扱っています。

ケイ・レディースクリニック新宿の基本情報

クリニック名ケイ・レディースクリニック新宿
メニュートリキュラー、マーベロン
1シート(1ヶ月分):税込3,300円
診療時間11:00-12:30
14:30-18:30
日曜祝日は17:30まで
支払い方法クレジットカード
コンビニ決済
公式サイト公式サイト

ケイ・レディースクリニック新宿のおすすめポイント

  • 圧倒的な低用量ピルの処方数で安心診療
  • トリキュラー、マーベロン(低用量ピル)の取り扱いがトップ
  • 副作用のほとんどない安全な低用量ピルのみ処方

ケイ・レディースクリニック新宿は低用量ピルの圧倒的な処方数で、実績のあるクリニックです。
簡単な問診の後、問題がなければ即日処方が可能。
取り扱っている低用量ピルは数あるものから厳選した「トリキュラー」と「マーベロン」のみで、どちらも取り扱い数は世界的にもトップクラスを誇っています。

公式サイトの「よくある質問」では低用量ピルの種類や効果の解説、個人輸入ピルの危険性まで書かれており、初めて低用量ピルを使うという方はぜひ読んでおくべき事項が紹介されています。

1シート税込3,300円から購入でき、お求めやすい価格設定になっています。

ケイ・レディースクリニック新宿の口コミ

初めての処方で緊張していましたしよく分からないことも沢山ありましたが、素早く対応してくださり助かりました。なにより効果をとても実感していますので、処方していただいて本当に良かったなと思っています。これからも利用したいと思っています。
引用:コエシル

クリニックフォア:2,783円〜の低価格で低用量ピルが手に入るクリニック

クリニックフォアでは、初診からオンライン診療で低用量ピルの処方が受けられます。

平日は夜20時半まで、土日も診療可能なので、日中はなかなか時間が取れないという方でも安心してオンラインで診療を受けることができます。

また、定期便を利用すると国内最安級の価格で、低用量ピルを処方してもらえます。

クリニックフォアの基本情報

クリニック名クリニックフォア
メニュー・トリキュラー、ラベルフィーユ、アンジュ、マーベロン、ファボワール
税込6,556円(2ヶ月分)【定期便の場合】税込2,783円/月
・ヤーズフレックス
税込24,200円(2ヶ月分)
診療時間9:00-20:00
平日20:30まで
土日祝日も受付
支払い方法クレジットカード
デビットカード
GMO後払い
代金引換
公式サイト公式サイト

クリニックフォアのおすすめポイント

  • 定期便ご利用なら月額2,783円から低用量ピルが手に入る
  • 最短翌日配送で素早く入手できる
  • アプリ不要だからパソコンからもスマホからも診療可能

クリニックフォアでは、定期便を選択すれば、15%OFFの価格で低用量ピルが手に入り、月額2,783円からのお求めになるので国内最安級になります。

アプリ不要でパソコンやスマホから診療が受けられ、電話での診察も可能となっているので気楽にオンライン診療が受けられます。
また、お薬はオンライン診療での処方後すぐに配送されるので、素早く低用量ピルが手元に届きます。

クリニックフォアの口コミ

問診も不明点を聞けばしっかり答えてくれますし、購入したピルと一緒にピルの仕組みと服用方法が書かれた冊子も届くので安心して服用できます。
引用:コエシル

ルサンククリニック:24時間オンライン診療!月額税込2,673円から

ルサンククリニックでは、独自に低用量ピルのオンライン診療サービス「PillsU」を展開。

365日24時間診療で、いつでもあなたの都合に合わせてオンライン診療が申し込めます。

お得な定期便を選択すれば、どのピルも一律10%OFFとなるので、とても安く低用量ピルを手に入れることが可能です。

ルサンククリニックの基本情報

クリニック名ルサンククリニック
メニュー・トリキュラー、マーベロン
単品購入1ヶ月分✖️3ヶ月:税込8,910円
【定期便の場合】税込8,019円 1ヶ月あたり税込2,673円
・アンジュ
単品購入3ヶ月分:税込15,613円
・ファボワール
単品購入3ヶ月分:税込12,478円
・ヤーズ
単品購入3ヶ月分:税込31,977円
・ヤーズフレックス
単品購入3ヶ月分:税込34,485円
診療時間365日24時間受付
支払い方法クレジットカード
口座振込
コンビニ決済
公式サイト公式サイト

ルサンククリニックのおすすめポイント

  • 24時間対応だからいつでもどこでもオンライン診療が受けられる
  • 定期便だと更新時に無料で診察が受けられる特典付き
  • 定期便ご利用なら全ピル10 %OFF

ルサンククリニックはオンライン診療に365日24時間対応しているので、場所・時間を問わずスマホがあればオンライン診療が受けられます。

低用量ピルを継続して長期的に服用する場合、定期的な診察が必要ですが、ルサンククリニックでは定期便を選択すると、更新時に無料で診察が受けられます。
また、定期便だと全てのピルが10 %OFFでお求めになれるので、お得に低用量ピルを手に入れることができます。

ルサンククリニックの口コミ

緊急時のアフターピルということで急いでいて、気持ちも焦っていた時に利用しましたが、チャットの内容は丁寧だったと思います。安心しました。実際に産婦人科へ行くのには抵抗もあるし近くにない場合は時間もかかると思うので、それを考えると良いサービスだと思います。
引用:コエシル

スマルナ:累計50万ダウンロードの人気オンライン診療アプリ

スマルナは、低用量ピルのオンライン診療が受けられるスマートフォンアプリ。

累計50万ダウンロード、月間利用者が7万人もいる人気のオンライン診療サービスです。

スマルナでは、全て日本国内で認可・使用されている正規品の低用量ピルのみを取り扱っています。

無料の医療相談もできるので、安心して低用量ピルの処方を受けることができます。

スマルナの基本情報

クリニック名スマルナ
メニュー短期処方プラン
1ヶ月処方:税込2,728円〜4,510円
3ヶ月処方:税込10,670円〜13,970円定期便プラン
1年分処方(13シート)
1シート:税込2,530円-3,850円
診療時間24時間受付
支払い方法クレジットカード
コンビニ決済
公式サイト公式サイト

スマルナのおすすめポイント

  • 無料相談で服用後の不安も解消してくれる
  • オンライン診療で低用量ピルの処方が受けられる
  • 最短翌日配送で素早く入手できる

スマルナはアプリ型のオンライン診療サービスです。
スマホを通していつでもどこでも医師による診察が受けられます。
無料相談があるので、服用後に不正出血が起きたなどという場合は、専門家にすぐ相談できて安心です。

オンライン診療なので、周りの目を気にしたり、通院する手間も省けます。
処方後は最短で翌日に低用量ピルが手元に届くので早く手に入れたい!という方にもおすすめです。

スマルナの口コミ

深夜にチャットで質問をしましたが、すぐに返信があって助かりました。
ピルを変更したい旨を伝えましたが、いろいろな提案をしてくださり安心しました。
病院に行く時間が無く、配送方法もポスト投函なので確実に受けとれ助かりました。
引用:コエシル

イースト駅前クリニック女性外来:送料無料!税込2,700円から

イースト駅前クリニック女性外来では、全4種類の低用量ピルの中からあなたに適したものを処方します。

オンライン診療も行っているので、忙しい方でも気軽に相談できます。

ラベフィーユ、ファボワールが税込2,700円からお求めになれ、それぞれ避妊・PMS、ニキビ・肌荒れに効く低用量ピルなので、それらの症状にお悩みの方には低価格で手に入るのでおすすめです。

イースト駅前クリニック女性外来の基本情報

クリニック名イースト駅前クリニック女性外来
メニュー・トリキュラー、マーベロン
税込3,000円
・ラベフィーユ、ファボワール
税込2,700円
診療時間水〜木
10:00-14:00
15:00-19:00
土日祝
10:00-18:00
支払い方法クレジットカード
代金引換
公式サイト公式サイト

イースト駅前クリニック女性外来のおすすめポイント

  • オンライン診療は全国どこからでも対応可能
  • ラベフィーユ、ファボワールが税込2,700円から入手可能
  • 自己採血キットでオンラインでも血液検査が受けられる

イースト駅前クリニック女性外来のオンライン診療は全国どこでも対応しています。
遠方に住んでいる方でも、診療を受けて場所を指定すれば、低用量ピルを処方してもらうことが可能です。

ラベフィーユ、ファボワールが税込2,700円から入手可能で、お求めやすい価格設定がされています。
低用量ピルの重大なリスクである血栓症については、自己採血キットを用意しているので、自分で採血して送付し、簡単に血液検査を受けることができるので副作用に関しても安心です。

イースト駅前クリニック女性外来の口コミ

スマホで診療してくれる数少ないクリニックとのことを同僚から聞いて即連絡。
クリニックにいかなくても診療→郵送してもらえました。
引用:コエシル

低用量ピルとは?ー種類と効果を解説

低用量ピルの種類には、以下の4つがあります。

  • 第一世代
  • 第二世代
  • 第三世代
  • 第四世代

それぞれの特徴と効果を知り、自分にあった低用量ピルを選びましょう。

低用量ピルには第一世代〜第四世代の4種類がある

低用量ピルには第一世代〜第四世代の4つの種類がありますが、

「世代」という名前がついているからとって、世代が若い順に効果が薄いということはありません

各種類の違いは、含まれる女性ホルモン「プロゲステロン」の違いです。

ここから先は、種類別に特徴と効果を見ていきましょう。

低用量ピル|第一世代の特徴と効果

第一世代の低用量ピルには「ノルエチステロン」というホルモンを使用しています。

当てはまる商品には、

  • シンフェーズ
  • フリウェルLD
  • ルナベルLD

の3つがあります。

第一世代は初めに開発された低用量ピルですが、その分だけ副作用が強いというわけではありません。

特徴としては、含有されるノルエチステロンの働きにより、「生理痛と生理量の軽減」が期待できます

低用量ピル|第二世代の特徴と効果

第二世代の低用量ピルには「レボノルゲストレル」というホルモンを使用しています。

当てはまる商品には、

  • トリキュラー
  • ラベルフィーユ
  • ジェミーナ

の3つがあります。

特徴としては、不正出血が起こりづらく、「生理周期の安定や調整」が期待できます

低用量ピル|第三世代の特徴と効果

第三世代の低用量ピルには「デソゲストレル」というホルモンを使用しています。

当てはまる商品には、

  • マーベロン
  • ファボアール

の2つがあります。

特徴としては、アンドロゲン(男性ホルモン)の作用が軽減されるので、「ニキビ治療や多毛症の改善」が期待できます。

低用量ピル|第四世代の特徴と効果

第四世代の低用量ピルには「ドロスピレノン」というホルモンが含まれています。

当てはまる商品は、

  • ヤーズ
  • ヤーズフレックス

の2つがあります。

特徴としては、利尿作用でむくみづらかったり、「子宮内膜症や月経困難症の改善」が期待できます。

低用量ピルを服用することの避妊以外の主なメリットは5つ

低用量ピルを服用することで期待できる避妊以外の主なメリットは以下の5つがあげられます。

・生理痛などの月経困難症と生理の出血量を軽減できる
・生理周期の安定や調整ができる
・卵巣がんの予防になる
・ニキビや肌荒れの改善が期待できる
・月経前症候群(PMS)の症状を緩和する

生理痛などの月経困難症と生理の出血量を軽減できる

低用量ピルは、排卵を抑制する作用を持ち、子宮内膜の増殖を抑えます。

そのため、出血量の減少、月経痛などの症状の改善が期待でき、通常の生理に比べて痛みや出血量の減少につながると考えられます。

生理周期の安定や調整ができる

生理周期は女性特有のホルモン(エストロゲン/プロゲステロン)によって調整されています。

ピルには生理のメカニズムに欠かせないそれらのホルモンが合成されており、ピルの飲み方を変えることで、生理を早めたり遅らせたりすることができます

卵巣がんの予防になる

低用量ピルで排卵を引き起こすエストロゲンを体内に取り入れることで、体でエストロゲンを作るのを抑え、エストロゲンの総量を低くし、排卵を抑制します。

子宮が妊娠している状態に近くなるので、卵巣がんと連関があると言われる子宮内膜症の症状を緩和し、予防も期待できます

ニキビや肌荒れの改善が期待できる

低用量ピルを服用することで、ホルモンバランスの乱れを整えることができ、ニキビができやすい環境を抑制します。

また、低用量ピルを服用すれば、男性ホルモンの分泌も抑制され、皮脂腺の活動も抑制されるので、大人ニキビの改善も期待できます

(PMS)月経前症候群の症状を緩和する

PMSとは、月経前症候群とも呼ばれる、月経が始まる少し前から出現する身体・精神面の不調のことです。

PMSの原因とされるのは、排卵後に分泌されるプロゲステロンであると言われています。

低用量ピルを用いることで、排卵が抑制されることから、PMSの改善や緩和が期待されます

低用量ピルの副作用と注意点-最大のリスクは血栓症

低用量ピル服用に伴う副作用・リスクと注意点を解説します。

・低用量ピルの主な副作用
・最大のリスクは血栓症
・低用量ピルで太るってほんと?
・低用量ピルの注意点と禁忌

低用量ピルの主な副作用

低用量ピルの主な副作用をご紹介します。

  • 軽い吐き気・嘔吐
  • 目眩(めまい)
  • 頭痛・偏頭痛
  • 腹痛・下痢
  • 胸の張り
  • むくみ

これらの症状は、飲み始めの時期に出ることが多いのですが、体が慣れ始めると自然と収まることがほとんどです。
もしこれらの症状が出て心配になった方は、産婦人科を受診しましょう。

最大のリスクは血栓症

低用量ピルで懸念される最大のリスクは「血栓症」です。

血栓症とは、血液中に血の塊(血栓)ができて、血管を塞ぎ、詰まらせることで起こる疾患です。
「エコノミークラス症候群」という名前で聞き馴染みのある方もいらっしゃるかもしれません。

低用量ピルに含まれる女性ホルモンのエストロゲンには、血液を固まりやすくする働きがあります。

通常なら、その他のホルモンとバランスを調整して血液が固まるのを防いでいますが、低用量ピルの服用中は、体外から人工的なホルモンを取り込んでいるため難しくなります。

そのため、血液が固まりやすく、血栓症のリスクを高めてしまうと言われています。

低用量ピルの服用で血栓症になる確率は、年間1万人当たり3〜9人。
参照:日本医事新報社

低用量ピルで太るってほんと?

ガイドラインによれば、低用量ピルと体重増加との直接的な因果関係は立証されていません

しかし、低用量ピルで太ったという口コミをよく見かけます。
それはどういった理由によるものなのでしょうか。
考えられる点としては以下の二つが考えられます。

  • ピルに含有されるホルモンによる保水作用
  • ピルで体調が改善したことによる反動的な食欲の増進

ピルには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の二つのホルモンが含有されています。
この二つのホルモンは保水作用があるため、体内に水分が溜まりやすく、むくみの症状が出ることで太ったと感じてしまう人がいるのでしょう。服用をやめればむくみは解消されます。

「プロゲステロン」には食欲を増進させる働きがあります。
これにより一時的な体重の増加がみられる方もいますが、食事量や栄養バランスに気を遣えば問題はありません。
血栓症を予防する意味合いも込めて、適宜運動をするのもいいでしょう。

低用量ピルの注意点と禁忌

低用量ピルを服用するに際しての注意点と禁忌を表にまとめました。

(注意点)
喫煙者は血栓症のリスクが高まるので禁煙することをおすすめします。
肥満は血栓症のリスクを高めるので適度な運動・ダイエットをおすすめします。
飲み始めの時期に不正出血が起きることがあります。
乳がんのリスクが高まる可能性があります。
(禁忌)
35歳以上で1日に15本以上喫煙する方は禁煙の必要があります。
乳がん患者は悪化・再発のリスクがあるので、治療後5年以上の再発が認められず医師と相談の上で服用する必要があります。
高血圧の方は血栓症のリスクがあるので、改善してから服用する必要があります。
妊娠中・授乳中の方は断乳後に服用する必要があります。
50歳以上か又は閉経後の方は服用の開始・継続を避ける必要があります。

低用量ピルについてよくある質問Q&A

ここでは低用量ピルについてよくある質問をまとめて解説します。

  • オンライン処方でピルを購入したのですが、生理前から飲んでも大丈夫ですか?
  • 低用量ピルは産婦人科でしかもらえませんか?
  • 低用量ピルが初めての人はちゃんと病院に行って貰った方が良いですか?
  • 低用量ピルは国産と海外のどちらがいいのでしょうか?
  • 低用量ピルで保険適用される場合とそうでない場合の違いは何ですか?

低用量ピルについて不安や疑問がある方はぜひ参考にしてください。

オンライン処方でピルを購入したのですが、生理前から飲んでも大丈夫ですか?

いつから服用するのかは、受診した医師の指示に従ってください。
あらかじめ大事な予定が入っていて、どうしても生理を早めたいという場合には低用量ピルを計画的に服用する必要があります

例えば…(低用量ピルで生理を早める場合)
1月15日が次の生理予定日で、大事な予定があり生理を前にずらしたい場合であれば、
一つ前の12月の生理中(生理初日〜5日目まで)にピルを飲み始めてください。
1月5日まで飲み続けたとすると、1月7日頃に普段よりも軽めの生理がきます。
生理周期は変わりませんので、ずらした生理日が新たな基準となり次回以降の生理が来ることになります。

低用量ピルは産婦人科でしかもらえませんか?

結論から言って、低用量ピルは産婦人科でないと処方してもらえない、ということはありません。
低用量ピルの処方に必要なのは、簡単な問診や血圧測定・身長体重測定だけで、知識のある医師であれば内科などでも処方することができます。
しかし、場合によっては産婦人科での血液検査などが必要になることがあります。

低用量ピルは市販されていません。
必ず、医師による診察のうえ、医療機関で処方してもらう必要があります。
インターネット上の怪しい経路からの個人購入・輸入は避け、そういったところから購入した低用量ピルの長期服用は、絶対にやめてください。

低用量ピルの服用中、エイズなどの性感染症や子宮頸がんなどの予防と早期発見のために、定期検査がすすめられています。
こういう検査を受ける時は、産婦人科を受診するのがいいでしょう。

低用量ピルが初めての人はちゃんと病院に行って貰った方が良いですか?

低用量ピルは、オンライン診療によっても処方してもらうことができます。
通院するのが面倒だったり、対面での診療がいやだ、という方はオンライン診療がいいでしょう

オンライン診療では、問診を受けるだけでピルの処方が可能です。
医師による問診では、喫煙の有無や、病気の既往歴、服用中の薬などを確認し、低用量ピルの服用に際してリスクがないかどうかを判断します。

ただし、クリニックによっては初診時は来院が必要というところもありますので、そこは確認が必要でしょう。

また、年1回の血液検査と子宮頸がん検診が必要となります。
健康診断や近所の医療機関などで受診し、オンライン診療の際に報告することも必要な場合があります。

血栓症状があったり、2シート目(2ヶ月目)以降まで続く不正出血が認められるときは、医療機関を受診し、必要な検査を受ける必要があります。

低用量ピルは国産と海外のどちらがいいのでしょうか?

日本で手に入る国産の低用量ピルは必ず医師の診療の上処方されますが、海外製の低用量ピルは主に個人購入・輸入や代行輸入によって流通しています。
日本に比べ、海外には低用量ピルが安い価格で市販化され、インターネットで通販されている国があるためです。

そうした、医師の診療を経ずに承認を受けていない海外製の医薬品を使用して重大な副作用が生じた場合、「医薬品副作用被害者救済制度」という国の補償制度が適用されません。

「医薬品副作用被害者救済制度」のような制度面でのサポートが受けられないことの他に、効果面でも違いがあります。
未承認の海外製低用量ピルを服用した場合、避妊に失敗して妊娠してしまったり、健康被害を受けるリスクがあると言えます。

低用量ピルで保険適用される場合とそうでない場合の違いは何ですか?

低用量ピルには自費のものと、保険適用のものがあり、自費のものを「OC」、保険適用のものを「LEP」と呼びます。
経口避妊薬として処方されるものは自費、月経困難症や子宮内膜症の場合は保険適用となります

自費 (OC)保険適用(LEP)
経口避妊薬月経困難症、子宮内膜症など

次に、自費と保険適用の低用量ピルにはそれぞれどんなものがあるのかみていきましょう。

自費(OC)保険適用(LEP)
トリキュラー、ラベルフィーユ、ファボワール、マーベロンジェミーナ、フリウェル、ヤーズ、ヤーズフレックス、ルナベル

いずれにしても、含まれる女性ホルモンに変わりはありません。

低用量ピルで悩んでる人はオンライン診療を受けよう

低用量ピルには、避妊以外にも、ニキビ・肌荒れの改善や、生理痛の緩和など、さまざまなメリットがあります。

自分の悩みに合わせた低用量ピルを、安全に服用するためには、医師による診察が必須です。

日本にはオンライン診療を行なっているクリニックが多くあります。

ぜひ、あなたの悩みを解決するために、まずは無料相談やオンラインでの診療を受けましょう。