東京都中央区銀座にある対馬ルリ子女性ライフクリニック

銀座からのおすすめトピックス

当院の流産手術


流産や中絶の手術が必要なとき、日本では「子宮内掻把法」という子宮内を掻き出す手術が主流ですが、世界的には、掻把法は危険で古い方法とされています。現在、WHOなど世界でトップの保健機関が推奨しているのは、「内服薬」と「ソフトチューブによる吸引法」です。

しかし、妊娠組織を子宮から剥がして排出させる内服薬MAはまだ日本では認可されておりませんし、ソフトチューブによる吸引法MVAもまだあまり行われておりません。

当院では、2014年から細いソフトチューブによる吸引法を、流産・中絶手術 のスタンダードとして採用しており、たくさんの女性に、痛みの少ない、次の妊娠に不安を残さない手術を提供してきました。

静脈麻酔(点滴から麻酔 薬を流す)や経管ブロック麻酔、子宮頚部をスポンジ で拡 張する前処置、超音波で内腔を見ながら細いソフトチューブによって内容 物を吸引し、子宮内膜に傷をつけずにきれいにする方法をとっています。

次の妊娠に、早く、安心して取り組めるよう、心のケアとともに、細心の注意を もって手術させていただいています。

例:流産手術(日帰り)

初診 診察、超音波検査、手術予約、手術前検査
手術日 手術前処置、点滴、ソフトチューブ吸 引手術
退院前診察、投薬、退院(1日病室を使用 します)
1週間後 診察、超音波検査、日常生活アドバイス

(1~1.5か月後に月経が戻ったら、次の妊娠に向けて行動開始してください)




予約はこちら




銀座クリニックトップへ戻る

HOMEへ戻る